AirDrop痴漢男が初摘発!電車内で痴漢をした理由に唖然!iPhonユーザーは知らないとまずい!?

Pocket

近くにいる人に写真などを送れる機能(エアドロップ機能)を使い、

面識のない男性にわいせつな画像を送りつけたとして、

福岡市に住む37歳の会社員の男が書類送検された。

iPhonユーザーは設定を確認した方がいい?!

事件の詳細について迫っていきます。

スポンサーリンク




事件の概要

Apple社製品同士でデータを共有できる「AirDrop(エアドロップ)」のサービスを利用して、

他人からひわいな画像などを送り付けられたという報告がネット上で相次いでいる。

通称「AirDrop痴漢」

まずは、事件の概要からみていきます。


引用元:yahoo

事件は福岡市内を走る地下鉄の車両の中で起きた。
書類送検されたのは、福岡市に住む37歳の会社員の男。

警察によると、男は先月、走行中の地下鉄の車内でアイフォーンの「エアドロップ」という機能を悪用し、
面識のない34歳の男性に女性の裸の画像を送信した疑いが持たれている。

被害に遭った男性が、電車内で同じ画像をスマホで開いている男に気付き、
駅で降りた男を尾行しながら警察に通報したという。

引用元:日本テレビNNN

スポンサーリンク




「エアドロップ」機能を悪用したとみられる今回の事件。

スマホを悪用し、わいせつな写真を送った理由がヤバかった!!

犯行理由に迫ります。

スポンサーリンク




電車内で痴漢をした理由に唖然!


引用元:yahoo

警察の調べに対し、男は容疑を認めた上で、

「受信した時の女性の反応が見たかった」と供述しているという。

残念ながら、今回は女性ではなく男性に送ってしまっていますね。

スマホを悪用した痴漢でも、ラッシュ時の満員電車の中で被害を受ける場合が多いとのこと。

痴漢行為は「ストレスへの対処法」であるということです。スポーツで汗を流したり、趣味に没頭したりするのと同じ感覚で、彼らは痴漢行為で自身のこころを安定させている。

つまりストレス解消の手段として痴漢行為を選んでいる。

「自分より弱い存在を支配したい」
「征服したい」
「じわじわいじめることで優越感を味わいたい」

といった事実があるようです。(ネット情報から)

では、「エアドロップ痴漢」と呼ばれるこうした行為、

どんな手口なのか。

詳細に迫ります。

スポンサーリンク




AirDropとは?


引用元:KDDI


AirDrop機能をオンにしていると、自分の端末のユーザー名が半径数メートル以内のApple端末に
「(名前)のiPhone」などと表示されてしまう。

【必ず目に触れる仕組み】
例え見知らぬ人から不審な画像や動画が送られてきたとしても、受け取るかどうかは、受信者側が選ぶことができる。
しかし、送信された時点でスマホ上には、プレビュー画像が表示されてしまい、必ず目に触れてしまう仕組みになっている。

一方で、プレビュー画像とともに表示される送信者の情報は、送信者側が入力した名前だけ。
ほぼ匿名に近い状態で、誰から送られたかを特定することは難しい。

わいせつ画像に限らず、いたずら目的なのか不快な画像が送られた例もネット上では報告されている。また、この問題は日本国内だけでなく、欧米でも同様の被害が報じられている。

引用元:HUFFPOST

被害者の多くは女性ですが、男性に対しても「グロ画像が送られてくる」などの被害が報告されています。

エアドロップ機能はとても便利ですが、写真を送るだけでなくメモも送れるので、不正なサイトへの誘導やナンパも可能だということです。

日本国内だけでなく、欧米でも同様の被害が報じられています。

iPhonユーザーは設定の再確認が必要ですね。

スポンサーリンク




まとめ

「本当に気持ちが悪かった。加害者はいたずらのつもりかもしれないが、犯罪であることを認識すべき。新たな被害者が出ないよう、取り締まってほしい」

引用元:yahoo

良く捕まえる事が出来たよね。
トラブルを予想しながら対応は、勇気がある。

引用元:yahoo

デフォルトはオフじゃなかったかな?
オンだとしたら問題だけど。
ipadからiphoneとかも出来るしオフラインでもデータやり取り出来るからまともに使えば本当に便利な機能なんだけどね。みんなで撮った写真とか連絡先知らない人にもすぐ送れるし

引用元:yahoo

スポンサーリンク




Pocket