青森県八戸市通り魔14歳の少年の中学校特定?殺人に興味があった驚愕の犯行動機!顔画像は?

Pocket

11月12日の午後4時40分ごろ

青森県・八戸市で、下校途中だった小学6年生

女児が刃物で切りつけられる事件がありました。

犯人は近くの中学生に通う中学2年生

14歳の少年が殺人未遂の容疑で逮捕されています。

殺人に興味があった少年の犯行動機とは?!

まずは報道内容詳細に迫ります。

スポンサーリンク




事件概要


出典:FNN

12日青森県八戸市の路上で女子児童が刃物で切りつけられた事件。

殺人未遂の疑いで逮捕された14歳の男子中学生は「人の生き死にに興味があった」などと供述していることが新たにわかりました。

12日午後5時前、八戸市新井田西1丁目の路上で、下校中だった小学6年生の女の子が喉のあたりをカッターナイフで切りつけられ、けがをした事件で、殺人未遂の疑いで逮捕された14歳の男子中学生は、「人の生き死にに興味があった」という趣旨の供述をしていることが、警察への取材で新たにわかりました。

また、犯行当時、男子中学生が持っていたかばんからは複数のカッターナイフが見つかっていて、警察は、以前から犯行を計画していたかなど、慎重に裏付けを進める方針です。

出典:JNN


出典:FNN

青森県八戸市新井田西の路上

小学生高学年の女児の首の前部分を

刃物で切り付け、殺害しようとされています。

女児は喉付近を長さ約10cm

深さ最大約1cm切られ怪我をしています。

全治3週間のけがということです。

スポンサーリンク




事件現場


出典:FNN


出典:FNN

報道によりますと

「青森県八戸市新井田西の路上」

となっています。地図はコチラ↓

事件の経緯や犯行動機!


出典:FNN

殺人未遂容疑で逮捕された中学生の少年(14)は

「人を殺すことに興味があった」

という趣旨の供述をしていることがわかってきました。

さらに「誰でもよかった」という

内容の話もしているといいます。

少年は「カッターナイフを使って殺すつもりだった」

などと容疑を認めている。

報道によりますと、子どもの心理に詳しい専門家は

「男子中学生が抱える問題を示すサインが以前からあったのでは」

少年犯罪に詳しい識者は、事件の背景として

人同士のつながりの希薄化や社会的な孤立が

あったのではないかと指摘しています。

スポンサーリンク




犯人は男子中学生!中学校、顔画像は?


出典:FNN


出典:FNN

顔画像については現在までに公開されていませんでした。

●名前 不明

●年齢 14

●性別 男

●職業 中学生

●逮捕理由 殺人未遂

男子中学生は事件当日も通常通り登校。

定時に下校したことや

「入学時から大きな事案を起こしたことがない生徒だった」

と報道されています。

生徒が通う学校長からの聞き取りでは

「運動部に所属し、積極的に取り組んでいた」

と情報がありました。

中学生の詳しい情報は公開されていませんが

大館中ではないかと噂されています。

地図はコチラ↓

ネット反応まとめ

こいつズル賢い奴だきっと。
反省している風を装えば懲罰が軽くなる事を知った上での発言だろうと思う。
被害女児の親御さんの気持ち、そして何より被害女児の事を考えれば、情状酌量なんてムダな事はせずに何年でもいてほしい。

何より再犯のリスクが多分にあると思うのは自分だけでないはず。

出典:yahoonews

「やっていけないことをした」のであってしなければよかったは自己愛の強い考え方。

出典:yahoonews

人を殺しかけておいて、「こんな事をしなければ良かった」って…。しかも、事件後に平然と塾に行ってたって…。どう考えても普通じゃない。少年だからって軽い刑で済ますのは、絶対にやめてほしい。

出典:yahoonews

自分のことしか考えてないんでしょ?家に帰れない、スマホもさわれない、だったらこんなことしなきゃ良かったなっていう意味での「後悔」。

出典:yahoonews

入院を嫌がり、それで回避可だろうかと、反省の弁を述べ始めたか。
まぁ、わが身可愛さであろうな。

シレっと塾に行ってる時点で、性根が良く分かる。
本心では、絶命させたかったのだろう。
捕まらなければ、こうした猟奇的な犯行を長く楽しめたに違いない。
それを惜しんでの、吐露に思えるな。

そもそも、命をこうして軽んじる人間に更生の機会と言う、とち狂った権利を与えるのが間違ってる。

更生はあり得ない。

出典:yahoonews

Pocket