和歌山市ビル屋上から鉄パイプ落下!業者や現場特定?!被害者の男性は?

Pocket

19日朝、和歌山市で工事中のビルの屋上から

鉄パイプが落ち、道路を歩いていた男性にあたり

男性が死亡したというニュースがありました。

和歌山市で起きた鉄パイプ落下の業者はどこだったのでしょうか?

また現場特定か?!

まずは報道内容詳細に迫ります。

スポンサーリンク




事件概要


出典:関西テレビ

19日朝、和歌山市で工事中のビルの屋上から鉄パイプが落ちて道路を歩いていた男性にあたり、男性は死亡しました。

警察や消防によると、午前8時20分ごろ、和歌山市十三番丁で12階建ての工事中のビルの屋上から鉄パイプが落下し、付近を歩いていた銀行員・板垣智之さん(26)の頭にあたりました。

板垣さんは病院に運ばれましたが、その後、死亡しました。

鉄パイプは長さ約1.5m、重さ5キロほどでした。

工事の発注会社によると、このビルでは11月15日にも鉄パイプが落下していて、防護ネットの設置、パイプに補助ロープをつけるなどの対策をした上で、18日から工事を再開していたということです。

しかし警察によると、19日朝に落下した鉄パイプには補助ロープはついていませんでした。

警察は作業員から話を聞き、業務上過失致死の疑いで調べています。

出典:関西テレビ


出典:関西テレビ

屋上には同ビルに本社が入る総合商社「酒直」の看板が設置され

鉄パイプは看板の保守点検のための足場に使われていた。

9月上旬から始めた点検作業が終わり

事故当時は足場の解体中だったといいます。

スポンサーリンク




事件現場


出典:関西テレビ

報道によりますと

「和歌山市十三番丁の12階建てビルの屋上」

となっています。地図はコチラ↓

報道によりますと現場は

南海電鉄和歌山市駅から南東に約600メートル

飲食店やオフィスビルなどが並ぶ一角。

事故を目撃した男性によると

「鉄パイプが落ちてきて男性に当たり、そのまま倒れた。男性の1メートルくらい後ろには、もう1人歩いていた」との情報もありました。

スポンサーリンク




被害者男性は誰?


出典:関西テレビ

●名前 板垣智之さん

●年齢 26

●住所 不明

●職業 銀行員

鉄パイプ落下!業者はどこ?


出典:関西テレビ

現在までに、解体をしていた業者については

報道などで公開はされていませんでした。

また報道によりますと

このビルで事故が起きたのは、今回が初めてではなかったそう。

このビルでは、4日前の11月15日にも

鉄パイプの落下事故が起きている。

そのため、防護ネットの設置や、鉄パイプに補助ロープをつける

などの対策を講じたうえで、18日から工事を再開していた。

しかし19日朝に落下した鉄パイプに補助ロープはついていなかった。


出典:yahoo「朝顔養生例」

建設業界関係者によると、工事現場の落下防止対策として

国交省から防御棚を設けたり

シートで覆うなどの方法が推奨されているが

個々の現場で状況が違うため、判断が非常に難しいという。

警察は今後、作業員から事故当時の話を聴くなど

業務上過失致死の疑いで調べています。

ネット反応まとめ

Pocket