「看護師」と「看護士」どう違う?どっちが正しい?違いを解説します。

Pocket

どちらが正しい表現なのでしょうか。

2つとも看護を意味しているように思いますが、

看護師をより深く知ってもらうために、

看護師9年目のわたしの経験も踏まえ、

意味の違いや、2つの言葉が存在する理由について違いを解説していきます。

スポンサーリンク




「看護師」と「看護士」どっちが正解ですか??
私は「看護師」って習ったんですけど、「看護士」って使ってる人が結構いたので、不安になりました。

看護士看護師、どっちが使われがちなの?

看護師は、なんで看護士ではなく、看護師なのですか?

私も看護師をしていると、
「ナースさん」とか「看護婦さん」、「看護師?士?さん」と声を掛けられます。

どちらも、「nurse」ですね

看護士とは

“看護士”は、女性の看護人を“看護婦”と呼ぶのが一般的だった時代の男性看護人の呼称です。

今から71年前の1948年、この年に交付された“保健婦助産婦看護婦法”において女性の看護人を看護婦と呼ぶことが規定され、さらに1968年の法改正で男性の看護人を看護士と呼ぶことが規定されました。

それから同規定が次に変更される2002年までの35年間、女性の看護人が看護婦、男性の看護人は看護士と2つの言葉が使い分けられて来たのです。

“看護士は看護人(nurse)を表す2つの呼称のうちの1つだった”わけですが、現在もその名残が存在していると言ってよいでしょう。

スポンサーリンク




看護師とは

2002年の法改正を受け、男性の看護人を看護士、女性の看護人を看護婦と呼ぶ旧来のルールが廃され、男女問わずに“看護師”と呼ぶことが規定されました。

これにより、現在は男女関係なく“看護師”が用いられるのですが、看護婦と看護士が看護師に統一されたと考えれば解りやすいと思います。

雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律

男女の均等な機会及び待遇の確保の中にある、
性別を理由とする差別の禁止と言う項目に、

男性または女性を表す語を含む職種の名称を用いること(他方の性を排除しないことが明らかである場合を除く)
「婦人警察官」→「女性警察官」(募集の際は単に警察官)
「営業マン」→「営業職」
「保母」→「保育士」
「看護婦」→「看護師」
「スチュワーデス」→「客室乗務員」 

と明確に示されています。

スポンサーリンク




まとめ

歴史や、法律を交えながら解説していきました。

正式な場所や書類には「看護師」が無難かもしれませんね。

スポンサーリンク




Pocket