病院経営圧迫!国立大病院が負担。

Pocket

こんにちは!

「消費税分969億円、国立大病院が負担 経営を圧迫」

こんなニュースがありましたので、

記事に迫ります!

下記は、ニュース記事です。↓

スポンサーリンク




【消費税分969億円、国立大病院が負担 経営を圧迫】
8/19(月)

全国の国立大病院42カ所で、高度な医療機器やベッドなどの購入時に支払った消費税を診療費に十分転嫁できず、2014~18年の5年間に計969億円を病院側が負担していることがわかった。診療報酬制度の仕組みによるもので、病院の経営を圧迫しているという。

全国の国立大病院でつくる「国立大学病院長会議」の試算によると、1病院あたりの補塡不足は平均で年約1・3億円(17年度)。税率が8%になった14~18年の5年間で計969億円に上った。私大の付属病院などでも同様の傾向と見られるという。

引用元:朝日新聞

では、原因はなんなのでしょうか。

次に迫ります。↓

スポンサーリンク




原因

診察に使う機器やベッド、ガーゼなどの消耗品は、病院が購入時に消費税も支払う。一方、公的保険の医療は非課税のため、患者が支払う初診料や再診料などの診療報酬点数に消費税の相当分も含めることで、病院側に補塡(ほてん)する仕組みになっている。
だが、初診料や再診料はすべての医療機関でほぼ同額で、高額化が進む手術ロボットなどの先進機器を購入することが多い大学病院などでは消費税分の「持ち出し」が大きいという。

引用元:朝日新聞

補填(ほてん)とは?
「不足や欠損を補って埋めること」

今後の消費増税に伴い、病院側にも影響が大きいようです。

スポンサーリンク




今後考えられること


引用元:朝日新聞

医療の進歩にともない、高精度な放射線装置、全身のがんなどを一度に調べることができるCT、内視鏡手術支援ロボットなど、1台数億円する医療機器が登場した側面もある。ある大学病院の医師は「医療機器の更新ができなくなると、患者さんにしわ寄せがいく」と嘆く。

引用元:朝日新聞

現実的には、歯医者さんや病院も倒産する時代です。

また、日本の病院経営は厳しいようです。

スポンサーリンク




まとめ

軽減税率なんか導入する余裕があるんなら、増税分をちゃんと診療報酬に反映すべき。

引用元:yahoo

大学病院だけじゃなく、民間病院も経営が悪化します。公的な病院は公的資金で赤字額が補われ潰れることはまずないでしょうが、民間病院は毎年潰れている現状があります。大学病院も大事ですが、民間も大事です。役割が違うだけですから。
国が医療費を抑制したい気持ちはわかりますが、公務員の給料引き上げや議員数増加など解せないところもあります。消費税を上げる際「社会保障」等と大儀名分をうたうなら、国民の納得できる予算編成に取り組んでいただきたい。

引用元:yahoo

そもそもこれは仕組みがおかしいのではないかと思う。
消費税は預かったものを支払うべきもの預かってもいないのに支払うのは政府(役人)が先を見越していない証拠。
新たなシステムを施行する場合は責任部門を明確にし、システムに不具合を生じた場合しかるべきところで責任が取れるように法整備をすべきと思う。

引用元:yahoo

スポンサーリンク




Pocket