ナースキャップが廃止された理由がヤバかった!!

Pocket

こんにちは!

最近は、
ナースキャップを付けている看護師を見かけないと思いませんか??

私が看護学生時代には、ナースキャップを付けていました。

また、戴帽式もありました(╹◡╹)

では、なぜ廃止されたのか??

看護師9年目のわたしの経験も踏まえ、

「ナースキャップが廃止された理由」

解説していきます。

スポンサーリンク




戴帽式とは?


引用元:yahoo

戴帽式(たいぼうしき)は、
看護学校で看護師を志すのにふさわしいと認められた看護学生に、
看護師のシンボルであるナースキャップが与えられる儀式です。
「博愛・責任・清潔」を表すキャップをかぶることによって、看護師という職業に対する情熱や人の命にかかわる責任感を再認識します。
そして、専門的な知識と看護師としてふさわしい態度を身につけることを決意します。
ナイチンゲール像から受け取ったキャンドルの灯をかかげナイチンゲール誓詞を朗唱します。
看護される相手の立場に立ち、思いやりの心をもって看護を行うことを心に強く刻みます。
通称、キャッピング(戴帽)ともいう。

引用元:newswitch

【戴帽式はプロフェッショナルを育てる重要な第一歩の灯】

私も、看護学生時代に戴帽式がありました。

とても身の引き締まる思いで、
ナースキャップを貰い、ロウソクを灯して、誓いの言葉を言った思い出があります。

現場では廃止になりましたが
ナースキャップの被り方、解説します♪

参考までに↓

スポンサーリンク




ナースキャップの被り方


引用元:yahoo

・ナースキャップはもともと一枚布でできている。

・ナースキャップはあの形を保つためにしっかりとのり付けられている。

・イラストは髪がまとまっていませんが、
実際はお団子にしてピンでしっかり固定。

では、なぜ廃止されたのでしょうか!?

とてもビックリすることが原因でした!!!!

次に迫ります。↓

スポンサーリンク




廃止された理由

病院でもナースキャップをかぶっていない看護師ばかり。

今までは「白衣の天使」といわれる
「白のワンピース」が主流だったナース服。

今はパンツスタイルが多くなりました。

いわゆるイメージとしてある「ナース」
とは変わってきているのが現状です。

時代は変わって行くのですね。


引用元:yahoo

以下、廃止理由まとめました。

・業務上不便だから。
・帽子は必要ないから。
・衛生的な問題。
・男性看護師が増えた。
・常にヘアピンを付けているので脱毛やハゲの原因になる。
・感染症の病室に入るときの着脱が面倒。
・点滴とか頭上に設置している医療器材などに引っかかって不潔にしてしまう。
ナースキャップをカチカチに固定する糊に細菌が繁殖しやすくなるという説もあります。

ナースキャップがあの形を保つためにしっかりと
のり付けられている事が要因となっています。
形を作る為に使用されるノリが皮肉にも細菌を発生さてしまう事となり、
ナースキャップを媒介して細菌が患者さんの元に
運ばれていたことが明らかになってきたのです。

引用元:yahoo

スポンサーリンク




まとめ

・「戴帽式の感動を考えると残念」
「キャップを着けることで自覚が生まれている」
「看護師の象徴ともいえるのがナースキャップ」と考える看護師もいます。

・患者さんたちや病院スタッフの声に耳を傾けますとやはり
「看護婦さんは、やっぱりキャップがないとな~」
現実的な声としては、他の職種と見分けがつかないとか(^_^;)


・衛生面と看護師が働きやすいことを考え、
ナースキャップがなくなっていったのは、仕方のないこと。

引用元:yahoo

現在でも頂帽式の残る看護学校はあるようです。

看護師としての精神は、

ナースキャップをかぶる儀式によって

受け継がれているのかもしれませんね。

では (╹◡╹)/

スポンサーリンク




Pocket