入住知彰の顔画像や公園で虐待した驚愕の理由とは!?

Pocket

北九州市小倉南区で公園で遊んでいた小学生の長男を殴るなどしたとして、31歳の父親が暴行の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、北九州市小倉南区の会社員・入住知彰容疑者

当時、長男は友達と遊んでいる途中だったということ。

ではなぜこのような事件が起こってしまったのでしょうか?

まずは、報道内容詳細に迫ります。

スポンサーリンク




事件概要


出典:JNN

北九州市小倉南区の会社員・入住知彰容疑者は、先月15日、自宅近くの公園で、7歳になる長男を蹴ったり頭を殴ったりした疑いが持たれています。

当時、長男は友達と遊んでいる途中だったということです。

一緒にいた母親がその後、警察署に届け出て事件が発覚。

入住容疑者は取り調べに対して、「けがをさせる気は無かったが、暴力を振るったのは間違いない」と供述しているということです。

警察によりますと、母親はほかの日にも暴行があったと訴え、今は長男を含む4人の子どもと別の家に避難しています。

警察は日常的な虐待がなかったかも捜査しています。

出典:JNN

事件現場


出典:JNN

報道によりますと、「北九州市小倉南区で公園」となっています。

北九州市小倉南区の会社員・入住知彰容疑者は、自宅近くの公園で、7歳になる長男を蹴ったり頭を殴ったりした疑いが持たれています。

当時、長男は友達と遊んでいる途中だったということです。

スポンサーリンク




公園で虐待した驚愕の理由


出典:JNN

入住知彰容疑者は、自宅近くの公園で、7歳になる長男を蹴ったり頭を殴ったりした疑いが持たれています。

また、母親はほかの日にも暴行があったと訴え、今は長男を含む4人の子どもと別の家に避難していることからも、明らかに日常的に虐待行為があった可能性が高いと考えられます。

我が子を虐待する理由として、衝動的でカッとなると何も見えなくなる親が多いといいます。

また自分を正当化することも。

入住容疑者は取り調べに対して、「けがをさせる気は無かったが、暴力を振るったのは間違いない」と供述しています。

子どもを虐待する親は、衝動的でカッとなると何も見えなくなるタイプが多く

「暴力をするのは子どもが悪いことをしたからだ」と自分を正当化します。

殴る、蹴るといった暴力の他にも、様々な虐待があります。

親が無自覚に投げつけた心ない言葉に、1人苦しんでいることも現状です。

子どもへの虐待は下記の種類があります。

①身体的虐待 殴る・蹴るなどの直接的暴力

②心理的虐待 言葉や行動で示される暴力

③ネグレクト 食事を与ないなどの育児放棄

④性的虐待 性行するなど

スポンサーリンク




入住知彰プロフィール


出典:JNN

現在までに顔画像は公開されていませんでした。

●名前 入住知彰

●年齢 31歳

●住所 北九州市小倉南区

●職業 会社員

●罪名 暴行の疑い

入住容疑者は取り調べに対して、「けがをさせる気は無かったが、暴力を振るったのは間違いない」と供述しています。

ネット反応まとめ

警察は日常的な虐待がなかったかも捜査しています

虐待が日常的だから子ども・自分の安全確保のために母親は警察に届け、避難をしているってことだよね。

出典:yahoonews

母親が子供を守る人でよかった。でも、『ケガをさせるつもりがなかった』なら、暴行は許されるのかね?もしかしたら自分も親から同じめにあったことがあるのかもしれないけど・・・。

出典:yahoonews

夏目漱石の息子さんが
小さい頃
明治神宮で
いきなり、
父親にステッキで殴打された
という文章を書いているのを
思い出した。

父親のことを不気味な人間だ
と感じて、よそよそしい感情を抱いた

と、いう印象を読み手としては受けた。

明治時代から
ちっとも変化していない
突然キレる親の存在。
何でなんでしょうね。

出典:yahoonews

他人の目がある公園っていう公共の場でするって事は、外から見えない家じゃもっと酷かったんだろうな。

出典:yahoonews

まともじゃないね
親になってはいけない輩が親になってるね

出典:yahoonews

Pocket