「看護師」と「准看護師」の違いについて解説します。

Pocket

前回、
「看護師」と「看護士」どう違う?どっちが正しい?
違いを解説しました。

今回も、同じ看護には変わりない?!

さらに、看護師をより深く知ってもらうために、

看護師9年目のわたしの経験も踏まえ、

スポンサーリンク




意味の違いや、2つの言葉が存在する理由について違いを解説していきます。

准看護師と正看護師・・仕事上の違いを教えて下さい・・。

正看護師と准看護師の違いって何ですか?

准看護師になる人はみんな正看護師になるために資格を取るんですか?

私は看護学校受験の際、准看の学校を滑り止めとして1つ受けています。

また、看護師国家試験の本番前に、試験の練習とお守りとして、准看の試験を受けました。

スポンサーリンク




准看護師とは?

准看護師の免許は「都道府県知事」が発行する免許です。

看護師とは?

正看護師の免許は「厚生労働大臣」が発行する国家資格です。

仕事内容の違いは?

准看護師は、医師、歯科医師、看護師の指示を受けて仕事をこなしていきます。
つまり、准看護師は正看護師のサポート的な立場

ただ、正看護師が行う医療行為のうち、准看護師にできない医療行為はないので、正看護師、准看護師とくに区別なく働くことが多いようです。

スポンサーリンク




給料の違いは?

日本看護協会によると、
准看護師と正看護師の給与差は月6~8万円。
年で比較すると、
72万円~96万円ほどの差があります。

その他

・准看護師は、管理職には就けない。
・認定看護師や専門看護師などのスキルアップができない。
・そもそも、准看護師を募集している病院が年々減ってきている。

まとめ
給料水準が正看護師に比較して低いことが、准看護師の最大のデメリットですね。

また今後、
日本看護協会は、准看護師制度を廃止し、正看護師へ制度を一本化しようとしています。

少しずつ、看護師も変化していきそうですね。
准看護師、看護師のみなさん、今後の働き方改革を考えながら、アンテナを張って頑張っていきましょう。

スポンサーリンク




Pocket