木下博勝 ジャガー横田の夫 パワハラ暴言音声がヤバい!勤務先の病院はどこ?

Pocket

「文春オンライン」で8月末まで働いていた病院で看護師やスタッフに対して壮絶なパワーハラスメントを繰り返していたことを報じられました。

木下氏の所属事務所は同誌の直撃に「事実無根」とパワハラを否定しています。

まずは報道内容詳細に迫ります。

スポンサーリンク




木下博勝氏の壮絶パワハラ告発

医師でタレントの木下博勝氏(51)が、2017年4月から2019年8月31日まで働いていた「医療法人社団 颯心会」でパワーハラスメントを繰り返していたことが、「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

木下氏は東京大学大学院医学系研究科博士課程を修了し、東京大学医学部附属病院第一外科にも勤務したことがあるエリート医師だ。2004年には女子プロレスラーのジャガー横田(58)と結婚し、テレビへの出演が増えていった。現在も鎌倉女子大学家政学部の教授を務めながら、「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)にレギュラーコメンテーターとして出演している。

「妻の尻に敷かれるエリート医師というキャラクターが受け、結婚直後は連日テレビ出演していました。現在でも“おしどり夫婦”のイメージです。最近では2018年9月から『スッキリ』(日本テレビ系)で始まった、息子・大維志くんの中学受験密着企画にもたびたび出演していました。木下先生は早朝6時30分から息子に勉強を教えるなど、いいお父さんぶりを発揮されていました。

この企画は評判がよく、2019年4月8日の『しゃべくり007』(日本テレビ系)には親子3人で出演。ジャガーさんに対して木下先生と大維志くんがタッグになってクレームを言い、それをジャガーさんが腕力でねじ伏せるというお決まりのくだりが放送されていました」

お茶の間では“恐妻家の気弱で優しい夫”という印象の木下氏。しかし准看護師として颯心会で働くAさんは、そんな木下氏からのパワハラに苦しめられ続けてきた。

出典:文春オンライン

Aさんは木下氏に対して慰謝料300万円の損害賠償請求

「木下先生と仕事をした約2年間、毎日のように高圧的に怒鳴られ続け、時には暴力を振るわれたこともありました。ビクビクしながら過ごし、心が休まることはありませんでした。この2年間で『木下先生とは仕事をしたくない』と言ってドクター2人、ナース3人、事務員2人が辞めています。

今、木下先生の度重なるパワハラに対して、訴訟の準備を進めています。弁護士さんに相談して、12月16日付で内容証明郵便も送りました。この2年間、僕がどういう気持ちだったか、どれだけ我慢したかを本人に伝えたくて。慰謝料300万円の損害賠償請求と、それに応じない場合には法的措置も辞さないということも通告しています」

颯心会が経営する病院は、患者宅や介護施設へ医師が赴く訪問診療がメインだ。Aさんは助手として、常勤の訪問診療医として働く木下氏に常に同行していた。そこで繰り返しパワハラを受けていたのだという。

「ほぼ毎日木下先生と行動を共にしていて、そのたびに木下先生から厳しい叱責を受けていました。頭を小突かれたり、蹴られたりすることも日常的にありました。地獄のような日々でした」(同前)

2019年8月7日、Aさんは木下氏と新人助手新人助手とともに訪問診療に回っていた。この日も木下氏はいつものようにAさんに対して執拗に叱責を繰り返していた。

「新人助手の教育も兼ねていたので、3人で訪問診療へ行ったのですが、いつも通り木下先生の当たりはきつかったです。でも、特に理不尽だなと感じたのが、診療が終わって車に戻ったときの木下先生の発言です。新人助手が診療バッグを車のトランクに積んでドアを閉めたら、閉めたときの音が気に食わなかったのか、木下先生が僕に対して突然怒りだしたんです」(同前)

出典:文春オンライン

スポンサーリンク




木下博勝氏プロフィール


出典:twitter

●名前 木下博勝

●年齢 51

●生年月日 1968年1月20日

●職業 医師、タレント

●出身地 北海道深川市

●学歴

北海道深川西高校卒業

杏林大学医学部卒業

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了

●経歴

颯心会の医師

鎌倉女子大学教授

●家族 ジャガー横田(妻)、息子

YouTubeジャガー横田ファミリーチャンネル

車のドアの開閉音に激高して恫喝するパワハラ音声

実はAさんは「何か(トラブルが)あったときのために」と、木下氏に同行する際には録音をするようにしていた。音声には、Aさんに向けられた木下氏の罵声と、Aさんが何度も謝る声が記録されている。

ドン(ドアを閉める音)

木下氏「そういう風に閉めたら耳がおかしくなるだろ、お前。考えろ」

Aさん「はい、すいません」

木下「『はい』って言ってるけどな、鼓膜破れたらお前金払えんのか? 医者の給料なんぼだと思ってるんだよ。お前、払えると思ってんのか慰謝料」

Aさん「すいません、払えません」

木下氏「絶対払えないよ、お前。反省してる風に見えないんだよ、お前」

新人助手「すいません、先生、私が乗ったから」

木下氏「いや、普段から注意しないと。こいつは軽く注意しても分からない人間だから。こいつのためなのよ。とんでもない人生送ってきたからこう言ってるから」

「 週刊文春デジタル 」ではこのほかにもパワハラ音声を公開している。音声には、木下氏が助手席のシートを「ドン、ドン」と蹴る音もおさめられていた。しかしAさんは「この音声はほんの一部に過ぎません」と続ける。

出典:文春オンライン

報道によりますと、木下氏は「おれを誰だと思っているんだ」が決まり文句だったそう。

2019年には自殺未遂に追い込まれたスタッフも。

「木下先生のせいで働きたくても働けない」といった内容の文章を残していたようです。

木下氏の所属事務所は、文書で次の様に回答しています。

スタッフへのパワハラについて「暴言や、まして暴行など、事実無根です」と。

スタッフへの言動についても詳しく質問したが、「彼は指示を忘れることが茶飯事で、怒ったり、ほめたり、なだめたり、怒鳴ったり、注意したり、その日の終わりに確認したり、次回までの課題を出したり、何とか彼にとって有益になる方法を模索して試しました」と、あくまで教育の一環だったと主張している。

スポンサーリンク




働いていた病院はどこ?

報道によりますと、「医療法人社団 颯心会」となっています。

颯心会が経営する病院は、患者宅や介護施設へ医師が赴く訪問診療がメイン

ネット反応まとめ

ジャガーさん、恐妻って言われているけどたぶん逆だと思う。
暴力は無いかもだけど、モラハラ夫だと思う。

出典:yahoonews

全く驚かない。息子も同じ匂いを感じる。恐妻家ぶってるけど、実は家ではジャガーのが肩見せまいと思う。

出典:yahoonews

スッキリの受験のヤツ見たけど、ジャガーさんは真剣に子どもと向き合ってるように見えたけど、この人はすごく高圧的で感じが悪かった。テレビの恐妻家キャラは、あくまでキャラであって、実際はこの人が家を仕切ってると感じた。この記事を読んで、やっぱりって感じですね。奥さんとお子さんまで、悪く言われないようにして欲しいです。

出典:yahoonews

驚かない。イメージ通り。

出典:yahoonews

これは恐らくだが、アスペルガー的な気質の人だと思う。共感性がなく、自分が内側思った人と外側への態度が全く違うのが特徴。激昂すると止められないタイプもこのタイプです。これが明るみになったら最後、楽しんご的な感じで、もうメディア出演は終わりだね。

出典:yahoonews

Pocket