辞めたいと思っている看護師は8割超え!?看護師の苦悩がヤバかった。

Pocket

こんにちは!

先日、こんなニュース記事を見ました。

(看護師辞めたいと思っている方には、ぜひ見て参考にしてほしい・・・!)

【看護職員の2割がセクハラ経験 8割が「辞めたい】
2019.5.13

自治体病院の看護職員の4割がパワハラを、2割がセクハラを受けた経験があるとする調査結果を、自治労連が13日、公表した。8割以上がサービス残業をし、4人に1人は有給休暇の取得が5日未満だった。過酷な看護職員の職場環境の改善が進んでいない実態が浮かび上がった。

 調査は自治労連が2018年9~10月に23都道府県の97病院で働く職員を対象に実施し、9584人が回答した。パワハラを受けた経験があるのは43%で前回の14年調査から4ポイント増えた。上司から受けたが最多で56%。次いで医師32%、同僚13%が続いた。患者、患者の家族は合わせて14%だった(複数回答)。

セクハラを受けた経験があるのは21%で前回と同じだった。
患者から受けたのが60%で最も多く、医師の28%が続いた。

 労働時間や休暇について聞いたところ、18年9月の実績ではサービス残業をしていた人が80%を占めた。7%は20時間を超えていた。また、17年の有給休暇取得が5日未満だったのは25%だった。また、41%が3日以上の連続休日がなかったと答えた。

7割以上が仕事にやりがいを感じていると答えた一方、「十分な看護が提供できている」としたのは15%にとどまった。8割近くが「仕事を辞めたい」と答え、最も多い理由は「人員不足で仕事がきつい」だった。

 自治労連医療部会の鮫島彰議長は「このままでは適正な人員配置がされず職員が辞めてしまい、自治体病院の命のとりでとしての機能も維持できなくなる」とし、労働環境の改善を求めた。

引用元:朝日新聞

看護師9年目のわたしの経験も踏まえ、

「辞めたいと思っている看護師は8割超え!?看護師の苦悩」

について解説していきます。

参考までに(^_-)/

スポンサーリンク




看護師が不足するワケ


引用元:yahoo

・全国で約5万6000人の看護師が不足している。

・全業種の平均勤続年数は約9年にも関わらず、看護師は約7年と短い。

・大量採用・大量離職の悪循環に陥っている看護師不足問題。養成数を単純に増やすだけではなく、今看護師免許を持っている人たちの利用、つまり離職率をいかに減らし大量の潜在看護師を活用出来るかが、この悪循環を断ち切るための鍵となってくる。

引用元:NAVERまとめ

上記理由に、
離職率が高いことが一つの原因であるよう。

しかし、現場は命を預かる責任の大きさ、
不規則な勤務環境によるストレスなどから、
離職率は高いと考えられます。

また、看護師なら夜勤経験経験者は多いはず。
夜勤も離職率に繋がっているという、
下記記事がありました。↓

全国の病院で夜勤を含めた交代制勤務をしている看護職員のうち、夜勤時間が、夜勤抑制の基準となっている「月72時間」を超える人が34・8%に上ることが10日、日本看護協会(東京)の2016年調査で分かった。12年の前回調査(32・0%)から微増。夜勤時間の長い看護職員が多い病院ほど離職率が高い傾向も確認された。
 協会は「過重な夜勤負担は離職に直結する。慢性疲労が深刻化する上、注意力の維持も難しくなり、医療事故のリスクが高まる」と指摘。法令で夜勤時間や回数を規制するよう政府に要請している。

引用元:東京新聞

2025年には、4人に1人が75歳以上という超高齢化社会に突入します。

根本的な対策がなされない限り、

看護師不足は改善して行かなそうですね。。。

では、なぜ離職率が高いのでしょうか?

次に迫ります。↓

スポンサーリンク




減らない離職者


引用元:看護の求人

毎年5万人が新たに資格を取得しても、年間10万人以上が離職していてはナースが減るばかりです。
離職率を見てみると、病床規模が小さいほど高く、7対1看護配置の一般病棟は低くなっています。つまりは忙しい病院ほど高いということ。
結婚や妊娠・出産、子育てを離職理由として病院側も把握していますが、勤務時間の長さや夜勤の負担、休みが取れないことも大きな理由です。
病院は労働状況への不満を把握し切れていないという問題があります。
人員不足により仕事量が増え、休みも少なく、80%もの看護師が仕事を辞めたいと思いながら働いているのです。
また、都市部は転職先が多いため離職率が高くなっています。

引用元:看護師の人材紹介会社.com

7対1看護配置に目がいきがちですが、
病床数が多くなれば、看護師の数も増えます。
離職率が高くなってしまうのは当然。

看護師の働き方を考えて、対策に力を入れているところは、
病院によって違いが明確ですよね。

どうしても病院という、
小さな社会にとらわれてしまいがちになります。

今の時代、看護師一人一人も、
広い視野を持って考えていく必要がありますね。

スポンサーリンク




看護師が余る時代が来る!?

こんな記事がありました。↓

【看護師が余る時代が来る】

病院に勤務する看護師が14万人減り、訪問看護師が14万人必要になると試算しています。
病院への転職が難しい時代がもうすぐやってきます。
働きやすい7対1の病院へ転職するなら今のうちかもしれません。
もしくは、今から訪問看護のスペシャリストを目指すというのも1つの選択肢です。

引用元:週刊ダイヤモンド

病院では、入院期間がとても短くなっています。

上記記事から、
訪問看護、在宅看護は今後ますます需要が伸びていく事が考えられます。

スポンサーリンク




まとめ

看護師なら、誰もが一度は「辞めたい」と思うものです。

今は、SNSでの情報収集が可能です。

看護師の働く場所は病院だけではありません。

たくさんの可能性がある事を忘れないで下さいね!!

では (╹◡╹)/

スポンサーリンク




Pocket