息子殺害 熊沢英昭の経歴は?子供が親に暴力を振るう心理とは?

Pocket

東京都練馬区の自宅で長男を刺殺したとして、殺人罪に問われた元農林水産事務次官の無職、熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判の初公判が11日、東京地裁(中山大行裁判長)で開かれました。

熊沢被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

元農林水産事務次官の熊沢英昭の経歴は?

子供が親に暴力を振るう心理とは?

まずは報道内容詳細に迫ります。

スポンサーリンク




事件概要


出典:JNN

長男の英一郎さん当時(44)はアスペルガー症候群の診断があり、人付き合いが苦手で家庭内で暴力をふるうこともあった。このため大学進学を機に熊沢被告ら両親と別居。英一郎さんは職に就くが、平成20年からは仕事をせず自宅でゲームをするなどして過ごしていたという。

英一郎さんは事件1週間前に実家に戻ったが、ごみの処分について注意されたことで熊沢被告に暴行。熊沢被告は妻に「他に方法がない」との手紙を書いたほか、インターネットで「殺人罪 執行猶予」と検索していたことから「殺害を考慮に入れて生活していた」と指摘した。

今年6月1日午後3時15分ごろ、自宅で英一郎さんの首などを包丁で多数回突き刺し、失血死させたとしている。熊沢被告は「息子を刺し殺した」と自ら110番通報した。

出典:産経新聞


出典:JNN

報道によりますと、「被告は長年、長男を必死で支えてきた」と主張。

事件当日、英一郎さんは隣の小学校の運動会の音にいらだち、熊沢被告に「殺すぞ」と話したといい、「殺されるとの恐怖心でとっさにやむを得ず殺してしまった」と述べています。

事件現場


出典:JNN

報道によりますと「東京都練馬区の自宅」となっています。

事件当日の午後、熊沢被告が1階に下りると、英一郎さんは隣の小学校の運動会の音にいらだっている様子で「殺すぞ」と言ってきたと説明。

地図上で確認すると、小学校がすぐそばにあることがわかります。

スポンサーリンク




熊沢英昭プロフィール・経歴


出典:JNN

●名前 熊沢英昭(くまざわひであき)

●年齢 76歳

●職業 無職(元農林水産事務次官)

●住所 東京都練馬区早宮4丁目

●経歴
1943年 岐阜県で誕生。

1967年 農林省入省。

1998年 農林水産省農林水産審議官。

2001年 農林水産省事務次官。

2002年 農林水産省退官。

2004年 農協共済総合研究所理事長。

2005年 チェッコ駐箚特命全権大使。

2008年 農協共済総合研究所理事長。

その後は、BSE(狂牛病)の上陸を阻止できなかったとし罷免される形で、同省を退官しています。

子供が親に暴力を振るう心理とは?


出典:イラストや

報道によりますと、長年、息子の英一郎氏は母親の所有物件である豊島区目白の一軒家に住んでおり、仕事もせずにドラクエなどのゲームをして引き籠もっていました。今年5月25日、練馬区内の実家に出戻ると、すぐに両親に暴力を振るうようになったといいます。

また「俺の人生は何なんだ」と叫びながら、熊沢に激しく暴行

熊沢被告は妻に「次にまた暴力を振るわれたら長男に危害を加える」と告げていたという。

熊沢容疑者は長男の将来を憂え、身の回りの世話をしていた
それなのに家庭内暴力は収まらなかった
逮捕後、熊沢容疑者は「命の危険を感じた。」
「殺さなければ殺されていたと思う。」
「長男を殺して自分も死のうと思った」と供述しています。

子どもが親に暴力を振るうことは、甘えの裏返し
「親のせいだ」と鬱噴晴らしをする。

「面白いほどよくわかる!犯罪心理学」によりますと、子供の暴力は親を追い詰めるといいます。

家庭内暴力で、親に対して暴力を振るう子どもには2種類のタイプがあるとされています。

1つは、暴力的な家庭に育ったタイプです。

夫婦間での日常的な暴力の目撃者であった子どもの場合、その子どもに攻撃的な傾向が認められています。暴力が、要求を通す為の最も具体的で効果的な方法ということを学習しているためです。

2つ目は、親が社会的に安定した職業に就き、経済的に恵まれている家庭に育った「良い子」です。実は家庭内で暴力を振るう子どもの大半はこのタイプだといいます。

ベースには、神経質で不安が強く、自分の感情を表現できない傾向がある子どもと、過干渉な親という組み合わせが見られます。思春期のつまずき(受験の失敗など)を、親のせいにして暴れる。親が子どもの暴力を受け入れると、さらに子供は親に依存する様になる、という負の連鎖が起こります。

こうした家庭内暴力の他、暴言を吐く、無視し続ける、反抗的な態度をとる、金銭を要求する、部屋に引きこもるなども含む。

スポンサーリンク




ネット反応まとめ

相当追い詰められていたのだと思う。もうどうにもならない状況だったと察する。

【長期刑になる覚悟はできています。しっかり罪を償わないといけない】
この記事を池袋で暴走事故を起こし、母子2人の尊い命を奪った飯塚が読んでも、何も感じないんだろうな。

出典:yahoonews

この事件は、検察も弁護士も裁判官も、十分に情状酌量の余地を十二分に検討して欲しい。

庶民感覚と違い、極悪人が信じられない程軽い刑になったりするのが日本の司法。その特性?を活かし、今回は庶民感覚に合った判決になる事を願っている。

さすがに不起訴や無罪は難しいかも知れないが、執行猶予は狙える気がする。

誤解を恐れず言えば、子供の不始末を放置する親も多い中、親としての一つの覚悟と責任の取り方だと思う。

もちろん許される方法では無いが、放置してたらこの息子が無差別殺人に発展した可能性もあった事は、考慮に値するのでは。

出典:yahoonews

Pocket