車剛の顔画像は?痩せ薬を販売したウソの天才的心理とは?ホスピタルダイエット効果がヤバかった!?

Pocket

タイから輸入した日本で未承認の「やせ薬」を、ダイエット効果があるとうたって広告したとして

兵庫県宝塚市の旅館従業員、車剛容疑者(51)が逮捕されました。

医薬品医療機器法違反(未承認医薬品の広告禁止)の疑い。

全国で健康被害が相次ぎ、厚生労働省が注意を呼びかけていました。

騙す人のウソは天才的?!

未承認の「やせ薬」とは?

まずは報道内容詳細に迫ります。

スポンサーリンク




未承認ダイエット薬「タイの美容病院で処方」と宣伝


出典:カンテレ

厚生労働省によると、主にタイで売られています。

「ホスピタルダイエット」などと呼ばれている製品は、

国内で4件の死亡例があるなど、健康被害が報告されています。


出典:カンテレ

国内未承認の薬を「ダイエットに効く」と広告した疑いで逮捕された男が、仕入れ値の4倍で薬を販売していたことがわかりました。

車剛容疑者(51)は去年、ホームページで国内で承認されていない薬を「タイのクリニックで処方されているダイエット薬」などと、広告した疑いが持たれています。

警察によると車容疑者は広告した薬を10年間で約6500人に販売し、売上は9500万円に上るということです。

またタイで密造されたとみられる薬を、現地の日本人男性を通じて仕入れた価格の約3倍から4倍で販売していました。

出典:カンテレ


出典:カンテレ

車容疑者は「タイの美容総合病院で処方されている」などと宣伝。

タイ在住の日本人から薬を仕入れ、仕入れ値の3~4倍にあたる9500~1万5千円で販売。

約10年間で約6500人から約9500万円を売り上げていたといいます。

犯行動機などについては、報道されていませんでした。

スポンサーリンク




騙す人のウソは天才的?!

人を騙して損害を与る詐欺行為は犯罪です。

しかし、騙す人のウソは天才的?!


出典:カンテレ

「騙す人にとっては正当防衛のウソ」

人は誰でもウソをつく事がありますが、

それは自我を守ろうとする意識(防衛機制)からきていると考えられます。


出典:カンテレ

「防衛機制」とは?

誰にでも現れる正常な心理作用。
通常は無意識のうちに発生します。

葛藤状況の多い現実と向き合っていくために、日常的に使用しています。

たとえば、犯した殺人という行為を「なかったこと」としているから平然としていられるように。

出典:面白いほどわかる!犯罪心理学

騙す人は、自分のウソを正当化しています。

騙す人にとっては、正当防衛というわけです。

つまりこのような人たちは、すでに自分が人を騙しているという意識すらない場合が多いと考えられています。

スポンサーリンク




ホスピタルダイエットとは?


出典:カンテレ

ホスピタルダイエットは、「タイ製のやせ薬」などと称して販売されている製品です。
「MDクリニックダイエット」、「ヤンヒーダイエット」などの名称で販売されている場合もあり
様々な色の錠剤・カプセル状の外観が特徴的です。

これらの製品を分析すると、向精神薬や肥満抑制薬などが検出され、自己判断で使用することは大変危険です。

出典:厚生労働省webサイト

個人輸入代行サイトなどを介して流通しており

ウェブサイトに身長や体重などを入力することで、かんたんに入手でき、手軽に使用されているようです。

しかし、向精神薬成分が混入していたり、依存してしまう可能性があるとも言われています。

車剛プロフィール


出典:カンテレ


出典:カンテレ

●名前 車剛(くるま・つよし)

●年齢 51歳

●職業 旅館従業員

●容疑 医薬品医療機器法違反(未承認医薬品の広告禁止)の疑い

平成31年3月~令和元年12月
自身のホームページ「個人輸入代行専門サバイラート」を運営し、
国内未承認のタイ製ダイエット薬を宣伝か。

●住所 兵庫県宝塚市宝梅

ネット反応まとめ

Pocket