岡崎公栄の顔画像!逃走の行先は?一緒にいた男は愛人か?!その素性が明らかに!

Pocket

30日午前、大阪府岸和田市で、収容予定だった女が

男が運転する乗用車に乗って逃走。

止めようとした検察事務官が車にはねられ軽傷を負った。

逃走したのは、収容される予定だった

岡崎公栄被告(49)。

逃走の行先はどこ?

逃走を助けた男はだれ?

まずは報道内容詳細に迫ります。

スポンサーリンク




事件概要


出典:FNN

30日午前、大阪府岸和田市で、収容予定だった女が、男が運転する乗用車に乗って逃走した。止めようとした検察事務官が車にはねられ軽傷を負った。

現場近くの防犯カメラの映像には、男性らに囲まれて駐車場から出てきた女が車に乗り込む様子が映っている。すると突然、車が走り出し、男性をはねた。

現場は大阪地検岸和田支部前の路上で、30日午前10時50分ごろ、収容される予定だった岡崎公栄被告(49)が、一緒に来た男が運転する車に乗って逃走した。その際、車を止めようとした検察事務官の男性がはねられ、左肩などに軽傷を負った。

岡崎被告は公判中だったが、裁判に出廷しなかったことから保釈が取り消され、収容される予定だった。

事件の約10分前に徒歩で大阪地検に入った岡崎被告。その数分後に、車が路上に到着する。岡崎被告と何らかのやり取りをした後、車は移動し、事件の直前に再び戻って来た。岡崎被告は荷物を取りに行きたいと話し、車に向かったという。

大阪地検が逃走事件を公表したのは発生から5時間後で、「事実関係の確認に時間を要した。収容すべき被告人を立ち去らせてしまったことは大変遺憾」とコメントしている。

出典:NNN


出典:NNN

報道によりますと岡崎公栄被告は

無免許運転過失致傷などの罪に問われていた。

2019年5月に初公判が行われ、この時は出廷。

その後の第2回・第3回の裁判には姿を見せなかったといいます。

そうしたことなどから保釈が取り消され

収監される予定だった矢先の逃走劇。

スポンサーリンク




事件現場


出典:NNN


出典:NNN

報道によりますと逃走現場は

「大阪地検岸和田支部前の路上」

となっています。地図はコチラ↓

岡崎公栄プロフィール


出典:NNN

●名前 岡崎公栄(おかざき きみえ)

●年齢 49歳

●身長 約160cm

●裁判 公判中

●罪状 道交法違反罪違反

岡崎被告は公判中だったが
裁判に出廷しなかったことから保釈が取り消され
収容される予定だった。

スポンサーリンク





出典:NNN

ネット情報によりますと、

逃亡犯は西の方向へ逃げる傾向があるということ。

「西には大阪を起点に広島、福岡がある。

足を延ばせば名古屋、北陸にも逃げられる。

逃亡犯にとって選択肢がたくさんあって動きやすい」と分析しています。

また匿名性とは、隠れやすさのこと。

人の多い大都市であれば、人混みに紛れることができて、自然と匿名性は高くなる。

いかに隠れるかが重要な逃亡ではもっとも大切な要素。

反対に「人や情報、隠れる場所がない田舎に行くのは逃亡犯にとって自殺行為」だという。

過疎地だと人間は目立ち、匿名性が低くなってしまう。

一緒に逃走した男との関係性は?


出典:NNN

気になる2人の関係ですが

報道では明らかになっていませんでした。

しかし疑問なのは

わざわざ2度も現場を訪れていたということ。

恋人や愛人の可能性が高そうですね。

一緒に逃走をしてしまっている事からも

親密な関係の可能性はあると考えられます。

岡崎被告は、検察官が収用手続きの説明中に

「乗ってきた車に荷物を取りに行きたい」などと言って、検察官了解のもと外へ。

周囲にいた事務官たちを振り切る形で逃走。

細身で黒とカーキ色の帽子を被り、あずき色の軽自動車に乗っていた。

警察は殺人未遂などの疑いで

岡崎被告とあずき色の軽自動車を運転していた男の行方も追っています。

ネット反応まとめ

Pocket