大西達也 顔画像は?龍安寺落書き 創作意欲がみなぎった犯行動機がヤバい!

Pocket

京都市右京区の世界遺産「龍安寺」の山門の壁

油性ペンで落書きをしたとして

44歳の会社員の男が逮捕されました。

逮捕されたのは自称・横浜市の会社員、大西達也容疑者

創作意欲が湧いて龍安寺落書きした犯行動機がヤバかった!

まずは報道内容詳細に迫ります。

スポンサーリンク




事件概要


出典:ANN

京都市にある世界遺産・龍安寺の壁に落書きをしたとして会社員の男が逮捕されました。

器物損壊の疑いで逮捕されたのは、神奈川県横浜市に住む会社員の大西達也容疑者(44)です。

大西容疑者は、24日午後3時40分ごろ、龍安寺の山門をはいってすぐの壁に青や赤などの油性のペンで「感謝朱雀」「待たせたな」などと落書きをした疑いがもたれています。

警察によると、観光客から通報があり、警察が現場付近にいる大西容疑者を見つけ、職務質問をしたところ、容疑を認めたということです。

調べに対し、大西容疑者は、「将来、SF作家になりたい。創作意欲がみなぎって書いてしまった」と話しています。

龍安寺は「大変遺憾であり、今後このようなことを起こしてほしくない」とコメントしています。

出典:カンテレ


出典:ANN

大西容疑者は、24日午後3時40分ごろ

龍安寺の山門の内側にある白壁に青・赤・黒の油性ペン

「我青龍 感謝朱雀 待たせたな 白虎」

落書きをした疑いがもたれています。

大西達也容疑者(44)は器物損壊の疑いで逮捕され、

「油性ペンで書いたのは間違いない」と容疑を認めています。

スポンサーリンク




事件現場


出典:ANN


出典:ANN

報道によりますと現場は

「世界遺産・龍安寺(京都市右京区)の山門の内側にある白壁」

となっています。

観光客の男性が「落書きしている人がいる」と110番通報

駆けつけた同署員らが寺付近を歩いている大西容疑者を見つけ、逮捕となりました。

龍安寺は枯山水の石庭で有名で、1994年に世界遺産に登録

龍安寺の松山侑弘(ゆうこう)住職は

「大変遺憾であり、今後このようなことを起こしてほしくない」

とのコメントを出しています。

スポンサーリンク




大西達也プロフィール


出典:ANN

顔画像は現在までに公開はされていませんでした。

●名前 大西達也

●年齢 44

●住所 横浜市神奈川区

●職業 会社員

●逮捕理由 器物損壊の疑い

大西容疑者は調べに対して、

「神話やSFが好きで、SF作家になりたい。創作意欲がわいたので書いた」

「油性ペンで書いたのは間違いない」と供述しています。

ネット反応まとめ

Pocket