看護師国家試験 落ちても大丈夫って本当!?

Pocket

こんにちは!

「看護師目指す外国人、落ちても「特定技能」へ 政府検討。

こんなニュースを目にしました。

・・・一体どういうこと!?

看護師9年目のわたしの経験も踏まえ、

「看護師目指す外国人、落ちても「特定技能」へ

について解説していきます。

下記、ニュース内容です。↓

【看護師目指す外国人、落ちても特定技能へ。政府検討】

介護の人材不足を解消するため、
政府は経済連携協定(EPA)で来日した外国人が目指す試験に落ちても帰国せず、在留資格「特定技能」に移行して介護現場で働けるようにする取り組みを進めている。すでに介護福祉士の候補者は移行できるようにしたほか、
看護師の候補者も移行対象にすることを検討している。

 厚生労働省によると、介護人材は2025年度に約34万人不足する見込み。4月に導入した新しい在留資格「特定技能」では、介護分野は5年間で6万人の受け入れを見込むが、不足解消のめどは立っていない。

 一方、EPAに基づく在留資格は、介護や看護の現場で働きながら、介護福祉士や看護師の資格取得をめざすものだ。合格すれば在留資格を上限なく更新できるが、不合格なら介護福祉士候補者は最長5年、看護師候補者は最長4年で帰国しなければならない。

 制度が始まった08年度以降、介護福祉士の候補者はインドネシア、フィリピン、ベトナムから18年度までに約4300人が来日。計1724人が試験を受けたが、約4割にあたる739人が不合格だった。政府は5月、得点が合格点の5割以上などの条件を満たした人が希望すれば、日本語試験などを経ずに「特定技能1号」に移行できるように運用要項を改正。特定技能1号は最長5年働けるため、あわせて最長10年働けるようにした。

 さらに今後、看護師試験に受からなかった人も、一定の条件を満たせば特定技能に移行可能にすることを検討している。


引用元:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク




看護師国家試験の合格率


引用元:yahoo

2019年度国家試験合格率からみていきましょう。

★合格者数56,767人 合格率89.3%(昨年比1.7%減)
☆新卒者55,216人 合格率94.7%(昨年比1.6%減)

国家試験ですから、日本人でも難しい・・・

それでも挑戦する
外国人の方はとてもすごいですよね!!!

そもそも「特定技能」ってなに!?
下記にまとめました。↓

スポンサーリンク




特定技能とは?

2018年12月の臨時国会において、在留資格「特定技能」の新設を柱とする「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」が可決・成立し、2019年4月1日より人手不足が深刻な産業分野において「特定技能」での新たな外国人材の受入れが可能となりました。

この在留資格「特定技能」に係る制度とは、中小・小規模事業者をはじめとした深刻化する人手不足に対応するため、生産性向上や国内人材の確保のための取組を行ってもなお人材を確保することが困難な状況にある産業上の分野において、一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人を受け入れていくものです

引用元:公益財団法人 国際研修協力機構

スポンサーリンク




EPAとは?

EPA(Economic Partnership Agreement=経済連携協定)は、
特定の国との間で人材の移動や投資など幅広い分野で経済関係を強化していく取り組みです。
医療・介護の業界でも2008年より、EPAに基づき国家資格の取得を目指す看護師・介護福祉士候補者の、海外からの受け入れが始まりました。

引用元:yahoo

スポンサーリンク




日本で看護師を目指す外国人ってどのくらいいる?


引用元:yahoo

【EPA】外国人69名が看護師に、合格率16.3%

経済連携協定(EPA)に基づきインドネシア、
フィリピン、ベトナムから来日した看護師候補者69人が合格したと発表しました。

・合格率は16.3%

計423人が受験し、69人が合格しました。
これは、過去最高の17.7%だった前年に次ぎ、2番目の合格率の高さです。

内訳はインドネシアが15人、フィリピンが31人、ベトナムが23人。
合格率はそれぞれ7.5%、17.7%、47.9%。
2008年に始まったEPAによる受け入れの合格者は413人となりました。

日本人を含む看護師試験全体の合格率は89.3%。
外国人の候補者には、特例的な対応があります。

引用元:マイナビ

スポンサーリンク




まとめ

このニュースをみての皆さんの反応はこちら↓

看護師を、目指してるのに介護の仕事をやらせる人材として利用ですか。。
浅はかな。。これだから国の施策はことごとく失敗するのだ。

医療と介護は違うものです。
それを志す人もです。
看護師は医療知識の知識と経験を積む事が仕事。
介護士は掃除洗濯などの生活支援とオムツ交換などの支援です。

いくら人が足りないからと言ってこれを一緒くたにするということが、
国の担当者の知識レベルがお粗末である事が明白。

引用元:yahoo

試験に落ちても特定技能へ移行とは!
政府はなし崩しで何でもありにしようとしている。 
反対の多い入管法改正を強行採決してから1年も経たないうちに。
試験に受かるのは最低条件でしょう。 
現在外国人労働者雇用企業の70%は法令違反をしている実態を政府はどう考えているのだ?

引用元:yahoo

資格を持っているけど働いていない潜在看護師達が、なぜ働かないのかをまず考えてみては?
「責任に対する対価が低い。」がまずあげられるのでは。
医療の現場って倫理が問われるので、当たり前に残業して、それが「患者のため」「医療のため」などという感覚がある。
特定技能やなんやかんや、外国人看護師が欲しいと思う以前に、国内の労働者に目を向けてみればいいのに。

引用元:yahoo

様々な意見があるのも当然ですよね。

ただ、今後は看護師も資格だけではなく

自分のスキルアップを考えて働いていく必要がありますね。

では ( ´ ▽ ` )/

スポンサーリンク




Pocket