高田川部屋の場所は?力士 勝武士さん気管切開処置していた!コロナ治療内容が明らかに!

Pocket

大相撲で初めて新型コロナウイルス感染が判明していた

勝武士(しょうぶし、本名・末武清孝)さんが、

新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため、

都内の病院で死去したことがわかりました。

・・・28歳という若さ。

さらに、救急搬送翌日に気管切開処置していたことがわかりました。

ICUでのコロナ治療が明らかに!?

まずは、報道内容詳細に迫ります。

スポンサーリンク




コロナで死去 力士 勝武士さん

報道によりますと、

新型コロナ感染症で日本のプロスポーツ選手が亡くなるのは初めて。

また、国内では20代の死亡例も初

●名前 勝武士 幹士(しょうぶし・かんじ)

●本名 末武清孝(すえたけ・きよたか)

●生年月日 1991年11月4日

●出身 山梨県甲府市

●身長165センチ 体重108.6キロ

●経歴 
 中学卒業後に高田川部屋に入門。
 高田川部屋で2007年春場所初土俵。
 最高位は三段目11枚目。
 得意は突き押し。
 通算成績は260勝279敗。

スポンサーリンク




高田川部屋の場所はコチラ

高田川部屋では、高田川親方、弟子の十両・白鷹山も25日に感染が発表されている。

現在は退院。

稽古も行われておらず、部屋での安静に努めている。

高田川部屋(たかだがわべや)は、
日本相撲協会所属の相撲部屋。
現在は二所ノ関一門に所属している。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク




気管切開処置とは?

勝武士さんの経過。

4月4、5日 38度台の発熱。師匠らが保健所に電話をかけ続けたが、つながらず。

4月4~6日 近隣の複数の病院に依頼したが、受け付けてもらえず。

4月7日 近隣の医院にも相談したが、医療機関は見つからず。

4月8日
熱が下がらず血痰(けったん)が見られたため救急車を呼んだが、なかなか受け入れ先が決まらず、夜になって都内の大学病院に入院。簡易検査の結果は陰性。

4月9日 状態が悪化し、別の大学病院へ転院。

4月10日 PCR検査で陽性と判定。

4月19日 状態が悪化し、集中治療室で治療を受ける。

5月13日 午前0時30分、都内の病院で死去。

出典:日刊スポーツ

重篤化していたために、より専門的な別の大学病院に転院。

気管切開などの処置が取られたという。

PCR検査を受け、10日に角界初の陽性が判明

勝武士さんは糖尿病の持病があった。

19日から集中治療室に入り、約1ヶ月ほど闘病していた。

20代という若さでも、既往歴に糖尿病があったり、肥満があったりすると、

これだけもリスクが高いということを改めて実感しますね。

スポンサーリンク




ネット反応まとめ

Pocket