高橋冴季の顔画像は?衝動的でカッなり何も見えなくなってしまった素性がヤバい!

Pocket

2017年9月、草加市の住宅で当時4歳の長男の背中を両手で突き飛ばし、

壁に頭をぶつけて、意識不明の重体にさせたとして、

草加市新栄の無職、高橋冴季容疑者(27)が、傷害の疑いで逮捕されました。

長男は、現在も入院中で、意識は戻っていないということ・・・

衝動的でカッなり何も見えなくなってしまった素性がヤバい!

自分を正当化してしまっていたことが判明!?

まずは報道内容詳細に迫ります。

スポンサーリンク




事件概要


出典:FNN

2017年、埼玉・草加市で、長男の背中を突き飛ばして、けがをさせた疑いで、27歳の母親が逮捕された。

高橋冴季容疑者(27)は2017年9月、草加市新栄の自宅で、当時4歳だった長男の背中を両手で突き飛ばし、壁に激突させるなどした疑いが持たれている。

長男は、病院に運ばれ、現在も意識不明の重体となっている。

出典:FNN

高橋容疑者は、父親と夫、長男との4人暮らしだったが、事件当時は、長男と2人で自宅にいたということで、調べに対し、容疑を認めている。

出典:FNN

さらに高橋容疑者は、2017年2月にも

長男を突き飛ばしたとして、暴行の疑いで逮捕・起訴されています。

日常的に虐待が行われていた可能性が高いのではないでしょうか・・・

スポンサーリンク




自分を正当化してしまっていた!?

我が子を虐待してしまう親には、ある傾向があるといいます。

衝動的でカッとなると何も見えなくなる親が多い。

さらに、

自分を正当化してしまうことも・・・・!


出典:yahoo

高橋冴季容疑者は、

「おねしょをしたことを注意しても謝らず、怒りが抑えられなかった」

と供述しています。

さらに、この事件の7カ月前にも

長男を突き飛ばして転倒させたとして今年1月に暴行容疑で逮捕されていました。

このことからも、日常的に虐待されていた可能性が高いと考えられます。

子どもを虐待する親は、

衝動的でカッとなると何も見えなくなるタイプが多い傾向にあるといいます。

「そんなことをすれば子どもがどうなるのか、どう感じるのか」

冷静に考えることができません

そして、

「暴力を振るうのは、子どもが悪いことをしたからだ」

自分を正当化してしまうのです。

スポンサーリンク




事件現場


出典:FNN

報道によりますと「埼玉県草加市の自宅」となっています。

長男は急性硬膜下血腫と診断。

現在も意識不明の重体です。

スポンサーリンク




高橋冴季プロフィール


出典:FNN

●名前 高橋冴季

●年齢 27歳

●住所 埼玉県草加市

●職業 無職

家族4人暮らし。

事件当時、50代の父と30代の夫は不在だった。

●逮捕容疑 傷害容疑

高橋容疑者はこれまでに長男に対し、

17年2、5月 両手で突き飛ばして転倒、布団たたきで暴行。

20年1月29日 暴行容疑で逮捕。

2月19日 起訴されていた・・・・

スポンサーリンク




ネット反応まとめ

かわいそうに。子供の無事と回復を祈ります。
小さな子に暴力を震える人の感覚がわかりませんし、どのような暴力も許されません。
ただ、この記事だけでは母親が一方的に悪いのか、こうなるまでによほどの原因があったかなど、わかりませんね。

出典:yahoonews

子供は、親を選べない。
ましてや小学生くらいまでは。

このような痛ましい子供の事件が少子化の日本で起こるなんて。

出典:yahoonews

かわいそうだ
命を取り止めて欲しい

出典:yahoonews

まず注意してどうこうなるものでないが育児で大変だったのかな…と思ったら
「高橋容疑者からSNSを通じて「子どもが転倒して頭を打った」との連絡を受けた友人が119番通報。体や顔に複数のあざがあったため虐待を疑った消防が県警に通報した。」
やっぱりただの虐待ってオチか…

出典:yahoonews

Pocket