植松聖 漫画の絵がうますぎた!母親はプロ漫画家!話題の自筆漫画とは?

Pocket

2020年3月16日に相模原障害者殺傷事件の判決がくだされた。

月刊『創』4月号に

相模原障害者殺傷事件・植松聖被告が獄中で描いた

自筆漫画を掲載し話題になっています。

衝撃の植松聖が描いた獄中漫画・・・

そこから感じる狂気・・・

まずは報道内容詳細に迫ります。

スポンサーリンク




獄中マンガ!

相模原障害者殺傷事件・植松聖被告が獄中で描いた

自筆漫画を掲載し話題になっています。

彼の母親はプロの漫画家なのだが、その影響なのか、その暴力性も含めて迫力ある絵だ。

出典:yahoonews


出典:ANN

上記書籍で30ページにもわたるストーリーマンガだが、もともと獄中ノートに描かれたものはもう少し長い。

最初に植松被告から『創』にマンガを掲載したいという申し出があったのは、2017年秋のことだった。

彼は相当力を入れて描いており、何度も描きなおしがなされ、完成までに約半年を費やしている。

出典:yahoonews

スポンサーリンク




電子書籍購入はこちら

この漫画を読むと、あの事件及び植松被告についてのイメージがいささか変わる。

出典:yahoonews

スポンサーリンク




絵がうまい!一覧


出典:ANN

動機を自分なりに漫画に描こうと考えたようだ。

出典:yahoonews

スポンサーリンク




ネット反応まとめ

Pocket