辰兄こと梅宮辰夫さん死去!慢性腎不全とはどんな病気?ものまねロバート秋山へ残した想いとは!

Pocket

映画「不良番長」シリーズや「仁義なき戦い」シリーズなどで人気を博し

「辰兄(たつにい)」「辰ちゃん」の愛称で親しまれた

俳優の梅宮辰夫(うめみやたつお)さんが12日慢性腎不全のため死去しました。

81歳でした。ご冥福をお祈りします。

では、慢性腎不全とはどんな病気なのか?

また、お笑いコンビ「ロバート」の秋山竜次(41)さんが梅宮さんの「体ものまね」をしていることでも話題になっていますが、梅宮さんが残したものまねへの想いも注目を集めています。

まずは報道内容詳細に迫ります。

スポンサーリンク




梅宮辰夫さん81歳で死去


出典:FNN

俳優の梅宮辰夫さん(81)が、12日朝、腎不全のため亡くなった。81歳だった。

日本を代表する俳優の死を悼む声が相次いでいる。

梅宮さんは12日朝、神奈川・真鶴町の自宅で容体が急変し、家族とみられる人から、「意識、呼吸がない」と消防に通報があった。

所属事務所によると、午前7時40分、慢性腎不全のため亡くなった。81歳だった。

梅宮さんは2018年9月に前立腺がん、2019年1月に尿管がんの手術を受けていて、人工透析を始めたことを、娘のアンナさんが明かしていた。

梅宮さんは1938年、旧満州のハルピンに生まれ、スカウトされて、「東映ニューフェイス」としてデビュー。

「不良番長」や「仁義なき戦い」シリーズで東映の黄金期を築き、その後も多数の映画、ドラマに出演し、近年はバラエティー番組でも活躍し、料理の腕前や軽妙なトークで人気を博した。

通夜と告別式は、近親者のみで執り行う予定だという。

出典:FNN


出典:FNN

報道によりますと、12日早朝にクラウディア夫人が異変に気づき、病院に搬送するも、そのまま息を引き取った

娘のアンナさんも東京の自宅から駆けつけたといいます。

梅宮さんは、テレビのバラエティー番組でもお茶の間でおなじみとなり、豪快なキャラクターで、芸能界の兄貴分としても存在感がありました。

娘のタレント梅宮アンナ(47)さんも芸能界で活動されています。

またバラエティでは、ロバートの秋山竜次が梅宮さんの「体モノマネ」を行い人気を博し、2013年には共演を果たして公認しています。

慢性腎不全とはどんな病気?

梅宮さんは2016年6月に十二指腸乳頭部がんを患い

昨年9月に前立腺がん、今年1月に尿管がんの手術を受けるなど、6度のがん手術を経験。

昨年からは人工透析(週3回)も始めていました。

●慢性腎不全とはどんな病気?

慢性腎不全は、血液をろ過して老廃物を取り除く腎臓の機能が低下し、ろ過能力が正常時の30%以下となって、体内の正常な環境を維持できなくなる病気
腎機能は、数カ月から数年をかけて徐々に低下していくことが多い。
腎機能の低下によって、血液の酸性度が高くなり、貧血が起き、神経が傷つき、骨の組織が劣化し、動脈硬化のリスクが高くなる。

治療は、腎機能のさらなる低下や腎不全の合併症を予防するため、食事に含まれる水分、ナトリウム、カリウムの摂取を制限したり、薬剤を使用したりする。

スポンサーリンク




ものまねに込めた想いとは!

梅宮さんは秋山さんへ

「日焼けサロンはダメだよ。太陽で焼いて下さいね」とアドバイスも送り

「どうせなら長く続けて、俺が死んでもやってくれよ」との言葉を残していたそうです。

ネット上では「秋山さん、このままずっと梅宮さんやめないで」「ずっと続けて欲しい」とモノマネ継続を望む声や、「ロバート秋山にとっても梅宮さんはかけがえのない恩人だった」「がんばれロバート」など、梅宮さんの死にショックを受けているであろう秋山やロバートを気遣う声も多くあがっています

「ロバート秋山」は、12日午後1時15分現在、トレンドワードで「梅宮辰夫」を抑え1位となっていました。

スポンサーリンク




ネット反応まとめ

Pocket