山本智章の顔画像は?宝くじ偽装した心理や素性がヤバい!

Pocket

年末ジャンボ1等当たりくじを偽造し、銀行に持ち込んだ男が、詐欺未遂容疑で逮捕されました。

逮捕されたのは、三重県四日市市の無職、山本智章容疑者(42)

では、なぜこのような事件が起きたのでしょうか??

まずは報道内容詳細に迫ります。

スポンサーリンク




事件概要


出典:yahoo

愛知県警中村署は6日、2018年12月31日に抽選があった「年末ジャンボ宝くじ」の偽造当選券で、1等7億円をだまし取ろうとしたとして、三重県四日市市の無職、山本智章容疑者(42)を詐欺未遂容疑で現行犯逮捕した。

この宝くじの換金期限は6日だった。
同署によると、山本容疑者は「正規の販売店で購入した宝くじのうちの1枚」と容疑を否認している。

逮捕容疑は6日午後、名古屋市中村区のみずほ銀行で男性行員(40)に対し、偽造の宝くじ当選券を出して当選金7億円をだまし取ろうとしたが、行員に見破られて失敗に終わったとしている。

出典:毎日新聞

報道によりますと、「偽造と思われる宝くじを持ち込んだ客がいる」110番があった

詳細は明らかになっていませんが、「ぱっと見ただけでは(偽物と)分からない」という。

偽造当選券はかなり精巧に作られていて、警察は偽造した手口や余罪など詳しく調ベる方針です。

スポンサーリンク




事件現場

報道によりますと、名古屋市中村区みずほ銀行となっています。

ジャンボ宝くじ(ジャンボたからくじ)とは、日本で販売されている宝くじの一種で、年に3回ある全国自治宝くじである

1979年よりスタートしています。

山本智章プロフィール


出典:東海テレビ

●名前 山本智章

●年齢 42歳

●職業 無職

●住所 三重県四日市市

●逮捕容疑 詐欺未遂

正規の宝くじ販売店で購入したうちの1枚だ」と容疑を否認しています。

詐欺師の6つの特徴や心理とは?

ネット情報によりますと、詐欺師の6つの特徴や心理があるといいます。

①冷静で落ち着いている

②住んでいる所や名前が複数存在する

③考える隙を与えない

④写真に写ることを嫌う

⑤有名人に知り合いが多いとアピール

⑥こちらから連絡がつかない

などの特徴があるようです。

また、異常なほど欲深い心理が働くため普通の人だったら絶対にしたくない行為であったとしても自分が欲しいものを手に入れるためならプライドを捨てて手段を選ばないのです。

スポンサーリンク




ネット反応まとめ

今回も全てのユニットにおいて、売れ残りと言うか元から販売されなかった数字から一等が出たから、換金に来た時点でもうバレている。
詐欺はどっちもどっちだよ。

出典:yahoonews

そもそも当たった人を身近で見たことないし
当たりくじも売れ残ったヤツから出てくるんだろうから
これほど配当率が低い300円の紙切れって詐欺だよね

出典:yahoonews

ホントは当たりが入っていないのに
当たりが出たので通報しました
と個人的には思っています

出典:yahoonews

よくやった、山本。
これで国はそもそも1等を作成していないということがよく分かった。

出典:yahoonews

別の記事で
「ぱっと見ただけでは(偽物と)分からない」

とあった。

つまり当たり券は出回るはずかないと行員が知っているからすぐに気づけた。

出典:yahoonews

番号は操作可能。実験すればすぐにわかる。
全て銀行と国に入るだけ。
にしても、宝くじ程の詐欺は存在ないと思う。

出典:yahoonews

売れた番号がちゃんと当たる宝くじであって欲しい。販売終了から抽選まで1週間くらいあるなら、そこら辺はやり直し等出来るでしょうに…

出典:yahoonews

高額が当たって換金に行くと別室に通されるという話を聞いたことがあるけど、待たせている間に当たりくじが本物かどうか詳細に調べているのだろうな。

出典:yahoonews

Pocket