パスポート発行拒否の理由は!?安田純平さんの嫁やツイッター現在まとめ!

Pocket

シリアで武装勢力に3年4カ月にわたって拘束され、2018年10月に帰国したジャーナリスト安田純平さん(45)。

外務省が旅券(パスポート)を発給しなかったことは憲法違反だとして、安田さんが国を相手取り、発給を求めて東京地裁に提訴したことがわかりました。

さらに、安田純平さんの家族やツイッター、現在についてもまとめました。

まずは報道内容詳細に迫ります。

スポンサーリンク




安田純平さんが旅券発給求め国を提訴


出典:NNN

提訴は9日付。

訴状によると、安田さんは旅券を拘束時に奪われたため、帰国後の昨年1月に再発給を申請したが、外務省は同年7月、発給を拒否する通知を出した。

18年10月にトルコから5年間の入国禁止措置を受けたことが理由と記されていたという。

申請時には渡航先として欧州やインド、北米を挙げており、トルコは含まれていなかった

出典:朝日新聞

安田さんは「『国境を越える移動・旅行の自由』が憲法で保障されている」などとして発給拒否は違憲と主張。

拒否した処分の取り消しと再発給などを求めている。

パスポート発行拒否の理由は?

報道によりますと、外務省がパスポートの交付を拒否したことについて問われると

「トルコが入国拒否にしているから」と交付拒否の理由を述べ

「それが理由であれば、他の国ならいいのでは?トルコの例を挙げて全部ダメというのは、法律の判断としてはオカシイ」と語っています。

一方で「ちなみに、私が旅券発給申請をしたのは欧州やインドへの家族旅行のためであって、紛争地を取材するなどとは一言も口にしていないし、渡航先はそういう地域でもない」とも話しています。

スポンサーリンク




安田純平さんプロフィール


出典:NNN

●名前 安田 鈍平

●生年月日 1974年3月16日

●年齢 45歳

●出身 埼玉県入間市

●職業 日本のフリー人質ジャーナリスト

●出身高校 埼玉県立川越高等学校

●最終学歴 一橋大学社会学部(湊博昭ゼミ)

●特技 少林寺拳法二段

●妻 myu

●経歴
1997年3月 一橋大学社会学部卒業。
1997年4月 信濃毎日新聞入社。松本本社配属。
2003年1月 信濃毎日新聞社を退社。その後はフリージャーナリストとして活動。
2009年 歌手のmyuと結婚。

安田純平さん身代金はいくらだった?


出典:NNN

シリアに入り3年4カ月、武装集団に拘束されたジャーナリストの安田純平氏昨年10月、無事に釈放され帰国した。

帰国後は「自業自得」「自己責任論」などの批判が噴出し、批判の矢面に立たされてきた。

昨年7月には外務省から新たなパスポートの交付を拒否され、現在は事実上の出国禁止状態に陥っている。

身代金は日本政府ではなくカタールが払ったそう。

カタールが身代金300万ドル(約3億3700万円)を支払ったと主張した。

イドリブ県の反体制派組織と関係の深いカタールとトルコが交渉し、解放が決まったという。

カタールが身代金を払った理由としては「日本人の人命救助への貢献を国際社会にアピールするためだった」だそうで、日本政府は払っていません

スポンサーリンク




安田純平さんツイッター炎上?


出典:NNN

安田純平さんの現在は?


出典:NNN

報道によりますと帰国直後はヘルニアの影響があり、3カ月以上はほぼ運動なしで静養していたという。

最近になり腰の調子も良くなり、少しずつ運動を取り入れるなど、日常生活は落ち着きを取り戻しつつある様子

そんな中、昨年7月には外務省から新たなパスポートの交付を拒否され、現在は事実上の出国禁止状態に陥っている。

現在は、下記の活動をしている。

●週1メルマガ配信
●雑誌に原稿を書く
●講演会

ネット反応まとめ

憲法違反かどうかはさておき、それ以前に道義的にはこれ以上社会を騒がせるような事はできない立場ではないかと思うがね。
またやるの?という不快感を感じる。

出典:yahoonews

やはり一度あの様な事があった以上、慎重になるのは当たり前だ。紛争地域には行かないと行ってるが、パスポート有効期限内に絶対に行かないと言いきれますか?同じ様に武装勢力に捕まった時、今度は自力で逃げ出せますか?まずこの人は自分がどれだけの人に迷惑をかけたかを考えるべき。

出典:yahoonews

何の問題も無いと思うけど、この人の旅券停止は。
旅券にはなんて書いてあるか知らないのか?
日本国として、対外的に入国を許可して邦人の身辺保護を要請するものだから、発給はこの人には不適切と思うが。

出典:yahoonews

子供のような発想。ならば国を捨てたらいいじゃない。

出典:yahoonews

個人の権利は保証されないといけない。
しかしこの方は自身の経済活動の為に起きた結果にて本来なら不必要な場面に貴重な税金が使われてしまった事は反省してるのだろうか。
身分証明なら運転免許証、健康保険証、個人ナンバーカードなどいくらでもあるでしょう。

出典:yahoonews

Pocket