吉幾三 津軽弁ラップが理解できないと話題!!気になる曲&ネット反応まとめ!

Pocket

青森出身で歌手の吉幾三さんが

9月12日にYouTubeで発表した

津軽弁ラップ 「TSUGARU」

が意味が全くわからないと話題になっている!?

どんな曲なのか!!

まずはニュース詳細に迫ります。

スポンサーリンク




吉幾三さんの津軽弁ラップ


出典:みんなの経済新聞ネットワーク

青森出身で歌手の吉幾三さんが

津軽弁ラップ「TSUGARU」が、

ネット上で話題となっています。

ユーチューブで配信リリースした吉さんの同ラップは歌詞すべてが津軽弁。字幕も津軽弁で標準語訳がなく、ネット上では「通訳お願いします」「他県民はほぼ分からんから説明してくれ」「同じ日本語と思えないくらい理解出来ない」(原文ママ)といったコメントが寄せられている。

9月16日18時現在、再生回数は20万回以上。
ネットユーザーの中には、ユーチューブが提供する自動生成の日本語字幕も津軽弁は訳せないといった指摘や、再生速度を1.25倍にすると「ノリが格段に良くなってる」という楽しみ方を伝える人もいる。

出典:みんなの経済新聞ネットワーク

再生速度を1.25倍にすると違った曲調になるんですね!!

気になる方はぜひ試してみてくださいね。

では、一体どんな曲なのか??

下記に迫ります。↓

スポンサーリンク




「TSUGARU」


出典:YouTube

吉さんによると

「津軽弁という方言を残したいという思いで作った」という。

上記写真は、youtubeでの吉幾三さん。

とてもユニークな衣装ですね!!!

「青森県民でも分からない人がいるのでは。分からない方言はおじいちゃんやおばあちゃんから聞いてほしい」

とも話されているという。

スポンサーリンク




では、津軽弁ラップ 「TSUGARU」

どんな曲なのか?!

吉さんも

「全編津軽弁。皆さんには全く意味が分からないと思うけど、“一度は津軽に遊びに来てよ”って感じ!?」

とコメントを寄せている。

話題の曲はコチラ↓

“日本語ラップの始祖が令和に放つ、新しい方言ラップはこれだ!”

違った曲調にもなるので、ぜひ

再生速度1.25倍

へ変更して試してみてください。

プロモーションビデオは青森が舞台になっているそう。

8月4日から開催された

五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)

祭りに参加する前に撮影したという。

吉さんは

「35度の中、自宅前や田んぼの中で撮影した。熱中症になりそうだった」

と振り返っています。(ネット情報から)

スポンサーリンク




吉幾三さんプロフィール


出典:YouTube

・本名 鎌田善人(かまたよしひと)

・出身地 北津軽郡金木町大字嘉瀬字畑中(現、青森県五所川原市)

・出身校 金木町立金木南中学校卒業

・生年月日 1952/11/11

・星座 さそり座

・血液型 B型

・身長 178cm

・ジャンル 歌手・アーティスト

・デビュー年 1972年

・デビュー作 恋人は君ひとり (シングル)

・趣味 お酒

・旧芸名 山岡英二 (1977(昭和52)吉幾三に改名)

スポンサーリンク




ネット反応まとめ

今では、演歌系の歌手としてよく知られている感じですが、まだ売れてない時のコミックソング的な曲がまたヤバいくらいに面白いんですよね。

元々、自ら作詩作曲をこなし、「おら東京さいぐだ」はJラップの元祖と讃えられているくらい才能に溢れてて、しかも話も面白く、それでいて未だにド田舎のオヤジの風格を漂わせてる凄い人なんですが、何故か最近はあまりお見かけしなくなった様な気がします。

にしても、今年確認出来ただけでも、「おら東京さいくだ」の替え歌が三本もCMで流れてたりしたので、久しぶりに紅白に出していただきたいものです。

出典:yahoonews

生で歌聴いたことあるけど、スゲーパワーボーカリストだぞ

出典:yahoonews

面白いし郷土愛もすごいし歌も力強いしすごいと思う。東京でなまりをそのまま出していい存在の先駆けです。ぜひ後継ぎのアーティストを育ててもらいたい。

出典:yahoonews

スポンサーリンク




Pocket